富士フイルム DHC 提訴 アスタキサンチン 特許侵害

富士フイルムがDHCを提訴|アスタキサンチンで特許侵害

富士フイルムは、通信販売大手DHC(ディーエイチシー)化粧品アスタキサンチンシリーズの2商品が特許権を侵害しているとして、製造/販売の差し止めと損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたと、8月17日(月)に発表しました。

 

差し止めを求めているのは、DHCアスタキサンチンジェルとDHCアスタキサンチンローションの2商品です。

 

シミやシワの原因を取り除く色素:アスタキサンチンを化粧品に安定的に配合する技術などで侵害があったと、富士フィルムは主張しています。

 

この問題は、昨年9月に、富士フイルムがDHCにこれらの商品の製造/販売の差し止めを求める仮処分を申し立てたのですが、決着していないことが伏線としてあったんですね。

 

 

尚、『 アスタリフトジェリーアクアリスタのナノアスタキサンチンって何? 』でも詳しく書き記したとおり、アスタキサンチンは富士フィルムの特許技術です。

 

 

DHC化粧品のアスタキサンチンシリーズを使う/使わないは、あなた次第ですが、DHCの企業姿勢に対する評価/評判をしっかりと見極め、くれぐれも自己責任で判断/購入なさって下さい。

 

もちろん私はこれからも、富士フイルムのアスタリフトを愛用し続けていきます。

 

※DHCのスキンケア化粧品を使うことは、これまでも、そしてこれから先も一切ありません。

 

 

 

富士フイルムがDHCを提訴|アスタキサンチンで特許侵害



このエントリーをはてなブックマークに追加